【セフレの品格】女医真澄とのリアルお医者さんごっこセックス

【セフレの品格】女医真澄とのリアルお医者さんごっこセックス

関連画像

最近僕は物凄くマニアックなセックスを経験しました。

これまでに感じた事の無い異様な快感と興奮を思い出すたびに我慢汁が出てしまいそうです。

中高年ともなれば誰しも多少変わったプレイの経験はあると思います。

しかし!

僕が経験したこのマニアックなプレイはなかなか経験できないんじゃないでしょうか?

って、一体どういうプレーで相手は誰か気になりますよね!

何と、相手は女医さん、名前は真澄さんと言って年齢は33歳、相武紗季に似たちょっとSっ気のある目のぱっちりとした女性でした。

そしてプレイスタイルは、まさに「リアルお医者さんごっこ」です。ごっこと言うか、ガチの女医さんなので「リアルお医者さんプレー」のほうがしっくり来ますかね?

アプリで珍しい経歴の女性を探していたところ!

関連画像

ここのところマッチングアプリで素敵な女性と沢山出会ってきました。

ここまで連勝を重ねると人間贅沢になってくるものです。

そして僕の場合、一度珍しい経歴の女性にお手合わせ願いたいという欲求が芽生えてきたのです。例えば、電車の運転士の女性とか、寿司職人の女性とか、公認会計士の女性とか、そして医師の女性とか、あまり普段出会わない女性に興味津々になったのです。

そして、何となく深夜にこの 華の会メール【まずは無料体験!】を検索しているとそんな女性が居たんです!

真澄、33歳、独身、職業「医師」!

思わず僕はガッツポーズ、そして早速真澄さんにメッセージを送信してみました。すると翌朝に返信が来ていたんです。

女医真澄の日常

関連画像

なんでも夜勤で今家に帰ってきたそうで、毎日ヘトヘトとのこと。

大学を卒業してからずっと救命救急センター勤めなので何の出会いもなく、ふと思い立って 華の会メール【まずは無料体験!】に登録してみたそうでした。

そして、将来的には産婦人科の医院を開業して独立したいそうで、今はその準備段階としてあらゆる症例を学ぶために救命救急センターで修行しているんだそうです。

いやー、立派なお医者さんですね!

そんな立派な女医である真澄さんが何で僕みたいなアプリで出会った冴えない中年おやじの相手をしてくれたんでしょう?

そのことを訪ねてみるとさっそく返信が来て、

「寂しさもあるけど、実は女性の体のある部分について確かめたいことがあって・・」

とのこと!

「ある部分」なんて言われた日には、僕はまさに「あの部分」しか想像できませんでした。

そして僕は速攻、「僕でよかったら相談に乗りますよ。ご飯でも行きません?」と誘ってみました。

そうしたら真澄さんからもすぐに返信が来て、「ありがとうございます!では次の日曜日にお願いします^^!」

ノリノリだったのです!

女医真澄の医者として確かめたいアソコの話?

「女医 フリー素材」の画像検索結果

それにしても、医師として女性の体のある部分のことを確かるために僕のような中年男性と会いたいって、一体真澄さんの本心はどんな感じなんでしょう?

物凄くまじめに思い悩んだ挙句、人生経験豊富そうな見知らぬ中年男性の僕に相談したいということなんでしょうか?

あるいは、それは照れ隠しで本当は心身ともに寂しい自分を満たして欲しいという真澄さんの悲しき欲求なのか・・?

女医真澄の真剣でエッチな悩み

関連画像

そして次の日曜の昼下がり、僕は真澄さんと代官山のイタリアンレストランで待ち合わせました。

僕の到着から5分後に現れた真澄さん、肩くらいまで伸びたストレートの黒髪とぱっちりした目、そして目の下には少しクマがあり、まさに疲れた相武紗季といった可愛らしい女性でした。胸はCカップ前後の小ぶりな感じですが、意外とボリュームのあるヒップがエロさを感じさせてくれました。

「はじめまして!」と照れ臭そうにこちらを見つめる真澄さんが、まさか女医だなんて誰も想像できないと思います。むしろ看護師じゃないのかと思ってしまいます。

しかしそこは律儀というかマジメな真澄さん、胸にぶらさげたままの病院のIDカードを僕に見せてくれたのです。そして、「一応〇〇病院の本物の医者なんで・・」と遠慮がちに言うのでした。

誰もが知っている超有名病院のIDで、僕も一度お世話になったことがあるので真澄さんが本物であることはすぐにわかりました。

そしてランチをしながら僕は真澄さんに悩みのことを聞いてみたのでした。

するとやはり予想は的中、真澄さんは自分の女性器の医学的な機能のことについて思い悩んでいたそうなんです。

ドクター真澄の問診開始

ランチでしたけどせっかくの日曜の昼下がりなので、僕たちはワインを飲みながらしばしその件について話をしていました。

そして、お酒の力もあってか真澄さんもフランクにその悩みについて話始めたのです。

「長い間女性器を使わないと劣化が進行してしまうのか真剣に悩んでるんです。医学的には更年期障害とか、女性ホルモン値が異常でない限り、それは無いという定説なんです。けれども女性器って薄くて伸縮性のある人間の内臓器官のひとつなので、長期間使用しないと次第に伸縮性を失って癒着してしまう可能性も考えられるんですよ・・。

とのこと。

何と言うか、まじめに話しているんでしょうけど、僕みたいな冴えない中年男性にとってみれば、それは下ネタにしか聞こえないんですけどね・・。

しかし真澄さんは真剣そのもの、医者ってやはりエロスに対する意識が一般人とは全く違うんですね!

そこで僕は「他の人が居る前でこんな話もなんだから移動しません?」と提案、すると真澄さんも「そうですよね・・。すいません・・。」と恥ずかしそうにしていました。

そして僕たちは店を出たのですが、酔いに任せて「ホテル行っちゃいます?」と真澄さんに尋ねてみました。

すると、

「そうですね。その方が心置きなく話せますしね。」

ということであっさり承諾。

果たして真澄さんは本当に僕と話すことだけを考えているのか、あるいはセックスもしたいのか、僕は彼女の本心がよく解らくて混乱していました。

そして、渋谷のラブホにチェックインしたのです。

ドクター真澄の超エロい触診開始

「女性 ベッド フリー素材」の画像検索結果

部屋に入ると真澄さんはベッドにちょこんと座りました。

そして、「珈琲いれますね。」と部屋にあったインスタントコーヒーをいれてくれたのです。

そして先ほどの話の続きを始めたのです。

なぜ真澄さんがこのようなことを気にし始めたのか、それを聞いて僕はなんとなく彼女の本心が理解できました。

つまり、学生時代に付き合っていた男と10年前にセックスしたっきり忙しすぎて全くセックスをしていないそうなのです。

そして、道具を使ってのオナニーもしていないし生理の時はナプキンしか使わないので、10年以上あそこに何も異物が入っておらず、医学的には機能低下と組織の癒着を引き起こしてしまうのではないかと真剣に悩んでいたそうなんです。

なんだかその悩みがいじらしく思えてきてしまった僕がそこには居ました。あまりにもまじめに医師としての仕事に没頭するあまり、世間ずれしてしまったのかと僕は感じたのです。

そして僕はおもむろに真澄さんを抱き寄せながら、「じゃあ久々に使ってみよう?」と言ったところ真澄さんは何とポケットからコンドームを出してきたのです!

「私だって人並みに性欲ありますから・・」と恥じらいながらゆっくりと服を脱ぎ始めたのです。

そして二人とも裸体になって激しく唇をむさぼり合いました。そして真澄さんは僕の耳から首筋、そして乳首を経て足の付け根、そしてち〇こへとその手を順に移動させて刺激を与えていったのです。

その手付きのぎこちなさがまた僕を興奮させ、少し荒っぽく亀頭をしごく手つきなんてさながら医師による触診のようでした。真澄さんは次にぼくのち〇こを口に含んでフェラしてくれたのですが、しょっちゅう歯に当たって僕は思わず「痛っ!」と声を上げてしまいました。それでも真澄さんはお構いなしに歯を当てながら必死にフェラをしてくれたのです。

その下手くそなフェラテクニックがかえって僕の興奮をさそうのでした。

「ちょっと痛いけど我慢してね~」ってやつです。

女医真澄のぎこちないテクニックに大興奮

「女性 セックス フリー素材」の画像検索結果

今度は僕の番です。

お手本とばかりに僕も同じく、まずは真澄さんの耳から愛撫を始めました。

耳の穴も耳たぶも、優しく舌でかすかに刺激しながらたまーに耳の穴に舌の先を入れてぴちゃぴちゃとイヤラシイ音を立てる。

すると真澄さんは鳥肌を立てながら「あ゛っ・・はぅん・・」と体をびくつかせていました。

そして推定Cカップギリギリ胸をしっかりと揉みしごきながら、その先にある2つの小豆のような小粒で少し黒目の乳首に舌を移すと、真澄さんは息が止まったかのように体を硬直させて「あぐっーー・・ふはぁー・・」と更に体をよじらせていました。

5分位ねっとりと胸を攻めた後は足の付け根です。足の付け根を丁寧に下の先で舐めながら、たまに僕は鼻の先を真澄さんの陰部に当てて、しっかりと長方形に生えそろった陰毛にふっと息をふきかけました。すると真澄さんはそのたびに「はっ・・くぅうっー・・ぅ」と物凄い喘ぎ声をあげるのでした。

そしていよいよ真澄さんの悩みの種、あそこに舌を移動させます。

しっかりと生えた真澄さんの陰毛をかき分けると、そこには大量の粘液でテカっている大きめのビラビラが口を開いていました。さらにそのビラビラをかきわけると、そこには米粒くらいの固い突起が恥ずかしそうに顔を出してきました。僕はすかさずその突起をした先でカリカリと刺激しました。すると真澄さん、なんとピュっと潮を吹いてしまったのです!

「・・あっ・・出ちゃった・・」と恥じらう真澄さんに僕は「もっと出しちゃいな・・」と言ってあげつつ更にクリを攻め続けると、今度は大量の潮が噴出したのです。

いよいよ真澄の中へ突入

「セックス」の画像検索結果

すると真澄さん、「・・ゴム付けて・・そーっと入れてみて・・」と僕のち〇こを右手で握りながら求めてくるのでした。

僕はすかさず装着し、まずは正常位で真澄さんの入り口のヒダヒダを先っちょで優しく刺激してみました。すると、最初はヒダヒダ止まりだった僕のち〇こは、次第に真澄さんの奥の方を目指してゆっくりと前身し始めたのです。

「大丈夫?痛くない?」

と聞いてみると、

「・・ちょっと痛いかも・・でも・・このままゆっくり入れて・・」

と真澄さんも僕との結合部分を興味津々そうに見つめるのでした。

まるで手術のようなこのセックスに僕も興奮がMAXで、いっそのこと思いっきり真澄さんの中にぶち込みたくなりましたが、ここは我慢我慢、そーっと、だましだまし僕は1ミリずつ前進させたのでした。

そして、亀頭の半分が入った位のところで、なんと急にツルンと亀頭全体が真澄さんの中に吸い込まれてしまったのです。そして真澄さん、なんと自分から腰を押し当ててとうとう僕の15センチのち〇こ全部が入ってしまいました。

「えっ?・・大丈夫?痛くない?」

と聞いてみたところ

「もう大丈夫・・。ゆ・・癒着してなかったみたい・・。・・しっ・・伸縮性もあるし・・。」

と言いながら真澄さんは次第に激しく腰を動かし始めたのです。

そして、僕もそれに合わせて正常位で抜き差しを繰り返しました。

そして座位から駅弁、続いてバックからの背面騎乗位、さらに正面騎乗位と体位を変えました。

色々な体位での挿入を試しながら真澄さんは医者らしく、「・・はんっ・・どの角度でも痛くないから大丈夫かも・・っうんっ・・はんっ・・」と喘ぎ声交じりに診断を下すのでした。

ドクター真澄の大フィニッシュ

「セックス」の画像検索結果

次第に僕は射精感がMAXになろうとしていました。

そして、「そろそろイキそうかも」と僕が真澄さんに言うと、「・・わっ・・わたしっ・・も・・」と僕の上に乗って腰を激しくグラインドさせながら答えるのでした。

そして再び正常位になって僕は激しく腰を振って真澄さんの中に自分のち〇こを高速で何回も突き上げたのです。

すると真澄さん、一瞬「・・はっうっ!・・」と息を飲んだと思いきや3度目の潮吹き!

しかも今回は噴水のように噴き上がる大量の潮吹きだったのです!

僕はここまでの潮吹きを見たのは初めてでした。

それに興奮して僕もとうとうため込んでいた大量の精子をゴムのなかに大発射したのです・・。

・・しばらく僕たちは合体したまま折り重なるように横になっていました。

そしてゆっくりと起き上がり、互いにティッシュで陰部を拭きながら恥ずかしそうに見つめ合いました。

「癒着してなくて良かった・・。それに今までで一番気持ちよかった・・。」と真澄さんはみっしりと生えた陰毛についた粘液を拭きながら言いました。

僕も、「こんなに潮を吹いてくれたひと初めてだよ・・。最高。」と言ったところ真澄さんは恥ずかしそうに

「・・わたし・・ドピュっと出ちゃうの・・引いた・・?」

と言うので「そんなことないよ。嬉しかったよ。」と答えてあげるとニコッと笑顔を見せてくれました。

女医さんとのセックスは 華の会メール【まずは無料体験!】

「セックス」の画像検索結果

真澄さんとは定期的にセックスをしようとういことでその日は帰路につきました。

ちなみに今度はローターや電マを試してみようと約束しています。

しかしこの女医さんがセックスに求める快感って、気持ち良さだけではなくて医学的な興味もあるんだということを初めて僕は知りました。

そして、その探求心を満たしてあげるためのセックスって普段のセックスとは別物の興奮感を味わうことが出来るんですね!

あの真澄さんのぎこちない手つきやフェラがかえって気持ち良くて僕はそれだけでイッてしまいそうになりました。

みなさんもこれまでに体験したことのないセックスをしてみませんか?

こちら 華の会メール【まずは無料体験!】から異次元のセックスを味合わせてくれる一風変わっているけどセクシーな女性たちが沢山待っていますよ!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする