スマホの向こう側はタダマンの宝庫【特に中年男性は必見】

スマホの向こう側はタダマンの宝庫【特に中年男性は必見】

「スマホ 女性 フリー素材」の画像検索結果

みなさんこんにちは!

スマホの向こう側には快感を求める女性が沢山居ます!

普段はすました顔をして下ネタには拒否反応をしめすくせして、実はものすごい性欲をため込んでいる女性がなんと多いことか!僕は身をもって体験してきました。

ちなみに僕はマッチングアプリを利用して3年で100人の女性とタダマンしました。

中高年のみなさん、あなたはスマホやPCで出会った女性と本当にセックスできるのか怪しいと思っていますね??

また、そんな女性はお金を払わないといけないと思っていませんか?

僕もアプリを使いはじめたころは、たとえば「ホ別3」とか後から言われることもたまにあったので、そのまま何もせずに帰ったこともありました。

しかし、タダマンできる女性のプロフの選び方にはコツがあるんです。

それに気づいたところ、この3年で100人もの女性とタダマンすることができましたよ!

3年で100人なので1年で33人、ひと月に2人以上セックスしている計算です!

しかも全ての女性がタダマンです!

そのコツとは?

それはこれからじっくりとお話しますね。

セックスしたい男女が集まる場所はスマホやPCの中だけ

「スマホ 女性 フリー素材」の画像検索結果

それではまず問題です。

セックスしたい男女が集まる場所はどこでしょう?

正解はマッチングアプリやマッチングサイトです。

昼間はすました顔をして固い仕事をしているまじめそうな女性ほど、人間だれしもが持つ性欲を貯め込んでいるんです。

「セックスがしたい!」しかし恥ずかしいというジレンマから解放してくれるのが、マッチングアプリでありマッチングサイトなんです。

3年で100人と無料でセックスすることができた僕が言うんだから間違いありません!

アプリ以外にも、アダルト掲示板とかピュア掲示板も有りますが、僕が知る限りこのような掲示板で見つけた女性で「本当にセックスしたい人」ってあまり居ませんでした。

【簡単なプロセス】セフレになってタダマン

「スマホ 女性 フリー素材」の画像検索結果

マッチングアプリやマッチングサイトで知り合ってセフレの関係になった人は何人もいますが、先月からお気に入りなのが加奈子(25歳)です。

とにかく従順でドМな可愛いい子なんです。

しかも最初のセックスから今までずっとタダマン、ひたすらセックスを求め合う関係です。

少し地味目な、クラスではあまり目立たない図書委員みたいな女の子ですけど、よく見るとその顔はかなりの美形です!

また、体は何と言ってもFカップの巨乳で乳首も肌色とピンクの織り交ざったドエロい身体をしているんからセックスのやりがいは最高級です!

今ではデート自体がラブホから始まります。

このように、マッチングアプリやマッチングサイトでは相手の女の子の目的もはっきりしているので余計な前置きや出費が抑えられるというメリットがあるんです。

そして、純粋にお互いセックスを楽しむというある意味健全な関係を作ることができるんです。

きっかけは何気ないプロフィール検索から始まります

「スマホ 女性 フリー素材」の画像検索結果

加奈子との出会いはこちら「普通の子に会えるワクワクメール」のアプリでの何気ないプロフィール検索からでした。

アプリの掲示板からでも女の子を見ることができるけど、僕はこのプロフィール検索を活用していますね。

その方が好みの女の子が見つけやすいし、お金を請求してくるような女の子つまり地雷を踏んでしまう危険もかなり少なくて済むんです。

↓↓↓↓



加奈子にメッセージを送ってみたら

「スマホ 女性 フリー素材」の画像検索結果

加奈子にメール送ったのはプロフィールに載っていた「セックスがしたいMな女です」の文字に目を奪われたからなんです。

はっきりしてますよね!純粋にセックスを求めている自分はМって。

そんな潔い加奈子にまずは僕から挨拶がてら自己紹介そして、相手の趣味など質問を軽く書いて送信しました。

10分後には加奈子から返事を貰えたので、また僕から世間話的な内容のメッセージを送信して心の距離を縮めました。

そして、3回くらいやりとりをしてリラックスしてきた頃合いで、「プロフにMって書いてあったけど、どんな風にセックスされたいの?」とて送ってみました。

すると、縛られたり目隠しされたりという羞恥プレイをしてみたいとのことでした。

しかしこれまでそんなプレイの経験は無いとのこと。要はMとして扱われてみたいってことだったので、ぜひともその加奈子の願望を叶えてあげようと思いデートに誘いました。

最初からエロ話ができる女の子はすんなりセックスできる

関連画像

マッチングアプリ「ワクワクメール」で出会った初日から飾らずにエロ話が出来る女の子、それが加奈子でした。
そんな加奈子には遠回しではなく「じゃあラブホ行こうよ、気持ちよくしてあげるから!」って僕は伝えたのです。

しかし初対面ということもあって、その時の彼女の答えは「えー!?いきなりホテルは怖いから、まずご飯行かない?」とのことでした。

まあ、初回はこういうパターンも多いんですよね。

ちなみに、こういう返事を送ってくる女の子に「まず食事に行こう」と誘うと「もう少しメールで話してから」とかって返してきたりで、何故かこちらの希望より1段階引いた答えが来るんですよ。

だから逆にちょっとムリかなと思うレベルの誘いをかけてみるのがコツなんです!

ともあれ、加奈子とは食事に行けることになったので、3日後の夜に挨拶がてらピザを食べに行くことになりました。店は僕ら2人の家からちょうど中間地点にあるオシャレなピザ屋でした。明るくて綺麗な雰囲気の店なので女の子の警戒心も解くことができます。

こういう店を2ー3知って件いると本当に便利ですよ。

加奈子もその店を気に入ってくれて、ビールを飲みながらピザを食べて結構ほろ酔いな雰囲気になってきました。

こうなったらとりあえずホテルへ誘ってみるしかないですよ!

「この後はどうする?おうちに帰る?」

とわざとらしく聞いたら加奈子の返事は、

「もうちょっとなら遊べるかも」

とのことなので

「そんじゃホテルで遊ぼ!イジメごっこしよう!」

と冗談っぽく言ったら加奈子は大ウケして

「何それー(笑)」との反応。

「えー?嫌なのー?」って聞いたら加奈子は

「そんなことない・・よ・・」

と恥ずかしそうにしながらOKして、それがまたエロカワイイんですよ!

そして、ピザを食べ終わったらホテルへ直行となりました。

ラブホへ近づくに連れて互いに口数が少なくなりましたが、まあ最初だったので互いに緊張はしますよね。

ちなみにラブホについて部屋を選ばせてあげたんですが、「どこでも大丈夫だよ」と恥じらいながら実に控えめな加奈子でした。

ラブホにチェックインしたらセックスしまくり

関連画像

部屋に入ってからもベッドに座ってモジモジしている加奈子でした。

そんな加奈子が可愛くて思わず隣に座ってキスしてあげました。

さらに、そのFカップの巨乳を服の上からもみほぐしました。

この時点で加奈子の息づかいは荒くなってきて、目もトロンとして、下を絡め合いながら「・・ハンっ・・」と吐息を漏らしています。

僕は次第に手を下に滑らせて、下着の上から股間を刺激しても加奈子は抵抗せず気も良さそうにアソコに力を入れたりしていました。

とりあえず僕はそのまま服も脱がさずに、下着の上から加奈子のクリトリスを刺激してイカせてあげました。

イッた後、ぼーっとしている加奈子の服をゆっくり脱がしてから本番スタート!

前もって仕込んでおいた手錠で加奈子の両手を繋ぎ、そしてディルドをアソコにズブズブっと突っ込んであげました。

加奈子はこんなプレイは経験が無かったようで、大興奮しまくりみたいで物凄い喘ぎかたをしていました。

そのまま僕は加奈子の口にややイマラチオっぽくち〇んこを突っ込んで動かしてみましたが、そのまま抵抗せずに必死に僕のち〇こを咥えてくれました。

その後もこれでもかという位に加奈子にイタズラをしてあげました。

最後はア〇ルにディルドを刺したまま僕のち〇こを加奈子のあそこに挿入してフィニッシュです。

そんな物凄い濃密な時を過ごした加奈子とはその日はこれで別れました。

家についてから加奈子からメール来て、そこには「超気持ちよかった。ありがとう!またこんな感じで気持ちよくして♡」と書かれてました。

どうやら加奈子も僕とのマニアックなプレイにハマってしまったみたいですね。

まとめ【今すぐワクワクメールに登録しましょう】

関連画像

いかがですか?

やっぱりセックスしたい女性って実はものすごい数居るんですよ!

でも男性以上に下ネタに対する警戒心や恥じらいが高いのが女の悲しいサガなんです・・。

だからこそ、ネットの世界ではため込んだ性欲を解放させたい女性がうじゃうじゃ居るというこの現実、しかもタダマンでセフレになってくれるので男としては最高です!

そんなタダマンのセフレ女性を探すには、マッチングアプリやマッチングサイトのプロフィール検索を上手に使いこなして最初からエッチなメール内容で反応を見るのがコツです。

これで食いついてくれば女性の方もセックスしたくてたまらないことが心理的に明らかです!

ぜひとも会う約束までこぎつけて、そこから気さくにセックスの誘いをしてみましょう!

本当はセックスがしたいのにセックスしたいと言えない女性たちは

こちらのワクワクメール

あなたのことを待っています!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする