中高年オヤジが30歳極上人妻と出会った【必勝法】

中高年オヤジが30歳極上人妻と出会った【必勝法】

「単身赴任」の画像検索結果

これは私が四十路も後半に差し掛かった頃の話です。

私は当時大阪に単身赴任していました。

生まれも育ちも横浜だった私は、大阪に来て半年経つのにいまいち馴染めずにいました。

平日は一人暮らしのアパートと会社を往復するだけの退屈で寂しい生活を送っていたのです。

家族のために単身赴任で見知らぬ街大阪に来た私は、ただ毎日仕事をしてアパートに帰ってコンビニ弁当を食べて酒を飲んで寝るだけの生活に虚しさしか感じていませんでした。

さびしい中高年の心の隙間を埋めるもの

関連画像

私は何か新しい刺激、楽しいことが欲しくてたまらない状態でした。

私にとっては見知らぬ土地である大阪には友達も知り合いも居ませんでした。結局大阪での人間関係と言えば、会社の同僚と近所のコンビニのおばちゃん位という寂しい世界の中で私は生きていたのです。

これでは寂しすぎる!一体俺は何をしてるんだ!何が悲しくてこんな生活を!

そしてある日、これまでに積もり積もった鬱憤がとうとう爆発してしまいました。そして、この心の隙間を埋めることを私は思いついたのです。この中高年男性の悲しみと虚しさでぽっかりと空いてしまった心の穴を埋めることを。

中高年男性心の隙間は女性で埋める

「女性 妖艶」の画像検索結果

そう思ったとたん、私が思い浮かんだのは女性です。

私の心に空いた穴を埋めてくれる素敵な女性を探そうと考えついたのです。

それは単なる友達と言うような女性ではなく、スケベ心もある女性のことです。

孤独に打ちひしがれる中年男の身も心も温めてくれるような魅惑的な女性でしか私の心の隙間を埋めることは出来ないと私は確信したのでした。

そして、私はおもむろに色々なマッチングアプリや出会い系サイトに登録して好みの女性を探すことを始めたのです。

中年男初心者がマッチングサイトやマッチングアプリを利活用

「スマホ 男性」の画像検索結果

中高年男でアプリやインターネット初心者だった私が、マッチングサイトやアプリを利用して心の隙間を埋めてくれる女性を探そうと意気込んで登録しました。

しかしまあ、PCとかネットとかに当時はうとかった中年男の私がいきなりマッチングサイトやアプリで女探しなんて、今思えばチャレンジャーでしたね。

でも意外にすんなりとその欲望は叶えることができたんです。

中年男の私がいよいよサイト利用開始

「マッチングサイトやアプリ」の画像検索結果

私はマッチングサイトとアプリ数か所に自分のプロフィールと少しピンボケした写真を登録して公開しました。



そして登録が完了したら、とりあえず片っ端から綺麗だと思った女性にメッセージを送りました。しかし、何時間待っても一向に返信が来ませんでした。ここまで返信が来ないとういうことは、出会う以前に連絡も取れないものかと私の心はポッキリと折れかかっていました。

その時ふと気づいたのが、これまで私が選んでいた女性は自分よりもかなり若くてしかも見た目が(写真が)相当カワイイ娘ばかりだったのです。そこまでカワイイ娘であれば、他の男からもメッセージがいっぱい来ているでしょうから、私のような中年男に返信なんて無いだろうなということに気づいたのです。

中年男の女性探し作戦変更

「マッチングサイトやアプリ」の画像検索結果

そして私は作戦変更することにしました。

これからは同年代位か10個下位までの30代前半から40代後半の比較的ライバルが少なさそうな女性にターゲットを絞ることにしたのです。まあ、ビジュアルについては一定レベル以上のキレイな人にこだわりましたけどね。

そして改めてさっそく何人かにメッセージを送って半日経ったくらいのタイミングで、ようやく1通の返信が届いたのです!

しかも送った中で物凄く好みの控えめでエッチっぽい感じの30歳という綺麗な女性から返信があったのです。私は部屋の中で思わず渾身のガッツポーズをしました。

「もし私で良かったら仲良くしてください。人妻ですけどいいですか?」

このメッセージを見た時は少し戸惑いましたけど、このチャンスを逃したらもうチャンスは無いだとうと思ったのでしっかりと掴みました。そして私はこう返信しました。

「人妻でも全然大丈夫です!ちなみに今暇なんで良かったらこれから会いませんか?」

最初の返信でイキナリ今日会えないかなんてあり得ないと思いますよね。

しかし、「いいですよ。では1時間後になんばでどうでしょう?」との回答が来たので驚きましたよ!



30歳人妻とのご対面

「待ち合わせ 美人」の画像検索結果

そして1時間後、なんばの待ち合わせ場所に行くと、そこには写真以上にキレイで妖艶なお姉さんが居たのです!

あの人に違いないと思った私は恐る恐る声をかけると、思いがけない一言が。

「えー!めっちゃダンディーやん!私のすごいタイプ!緊張するわー。」

こんな冴えない中年男の私をダンディーと言うんです!とうとう耳もおかしくなったかとまで思いましたが、間違いなくそう言ってくれました。

そしてこの美しき30歳の人妻は、私の腕を掴んで「さ!行こ!」と引っ張ってくれるのでした。「どこに行くの?」と私が訪ねると、「いいからいいから」とグイグイと私の手を引っ張って連れて行くのです。

そして、着いたのはカラオケボックスでした。

積極的な美しき人妻

「カラオケボックス 男女」の画像検索結果

部屋に入ると人妻はお酒を頼み、一人でドンドンと飲んで次第に酔っ払って行きました。私も釣られて飲んでいい感じに酔っていったのです。

ふいに人妻が、「奥さんとはしてるの?」と尋ねてきたので「もう数年以上してないよ。単身赴任だしね。」と答えた私。すると、「えっ!じゃあセカンド童貞やん?」と驚いた表情をするので、「そうかもね。もう溜まりまくってるよ!」と私が答えると美しき人妻は急にニヤニヤして目をとろーんとさせて私の横に急接近したのです。

彼女の香水のいい匂いとえっちな雰囲気で私は興奮して立ってしまいました。そして30歳の美しき人妻は何と私のアソコをみて急にズボンの上から撫で始めたのです!

そして美人人妻は、「すごい!ビンビンやん。もっと触っていい?」と言うので私は、「いいよ。でもホテルに移動しない?」と提案したところ、「いいよ。いこいこ!」と快諾!

すぐ近くのラブホにチェックすると早々に人妻は「早くズボン脱いで。」というので私はズボンを下ろしました。すると人妻は見事な手つきでギンギンになった私のアソコをぎゅっと握ってきたのです。柔らかくて温かい人妻の手の感触だけでも私は発射しそうになりました。

美人人妻との燃えるようなひととき

「ラブホ 男女」の画像検索結果

すると、美人人妻はゆっくりと私のアソコをしごき始め、そして我慢出来なくなったのか急に美人人妻も服を全部脱ぎ始めて全裸状態。そんな感じでベッドに移動するとシックスナイン体勢になって私は人妻のアソコを必死に舐め、彼女も私のアソコを必死に舐めまわしました。

私のアソコはギンギンで、美人人妻の温かい口の中でさらに大きくなっていました。すると人妻は立ち上がり、ベッドに両手を突いて私の方にお尻を突き出して、「ちょうだい!もう我慢できない!入れて!」。私も我慢できなくなっていていたので、おもむろに備え付けのコンドームを装着してゆっくりと挿入したのです。

その瞬間ヌルっと滑るように美人人妻の中に入っていったのです。こんな気持ちいのは久々、いやおそらく初めてで、その瞬間に発射しそうになってしまいました。私はのアソコはまたさらにギンギンになって美人人妻を突きまくりました。あんっあんっ気持ちいいと喘ぎ声をあげる美人人妻をガンガンに攻めました。

私 「あー!出る!イクよ!」

人妻 「出して!いっぱい出して!あー!」

私はこれでもかという位の精液を美人人妻に向けて吐き出しました。出し終わった後もしばらくの間入れたままでしたが、その後アソコを抜いてみると、ゴムの中には大量の精子が破裂寸前くらいに溜まっていました。



中年男の心の隙間を埋めるマッチングサイトとアプリ

「ラブホ 男女」の画像検索結果

これが私のマッチングサイト・アプリの初体験となったのです。

マッチングサイトやアプリを初めての使用にして、あまりにも記憶に残る過激で燃えるようなセックスができたのです。しかも相手は私好みの、いや、それ以上の美人人妻でとてもエッチな人だったのです。

それからもその美人人妻とは月に一回は会っては色々な所でセックスをするという関係が続いています。

そして、その後は別のタイプの違う女性とも出会った私は、同じように心の隙間を互いに埋め愛ながら激しくて燃えるような時間を過ごしているのです。

これが私のマッチングサイト・アプリの体験談です。

中高年男性はマッチングサイトやアプリで心の隙間をぜひとも埋めてください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする