名古屋で出会った28歳スレンダーなショップ店員

名古屋で出会った28歳スレンダーなショップ店員

「名古屋 フリー素材」の画像検索結果

今日もいい天気ですね。

さて、最近久々に名古屋に出張してきましたのでその時の幸運な体験についてお送りしようと思います。

10年ぶりくらいに訪れた名古屋の街は、美しくてどこか物悲しく、そしてどエッチな女性が僕のことを待っていてくれたのです。

久しぶりの名古屋出張での幸運

関連画像

当初は二泊三日を予定していたのですが、予想よりも早く商談がまとまってしまい、二日目の午後から予定がぽっかりと空いてしまったのでした。

1日早く東京に帰ってもよかったのですが、せっかく10年ぶりに名古屋に来たわけなので、僕は名古屋で日頃のストレスを発散させようと思ったのでした。

主に本拠地である東京での出会いのためにお世話になっているこちらYYCですが、会員は全国から登録しています。そしてこの名古屋の地でも、僕はYYCのアプリにそっとログインしたのです。翌日は丸1日フリーなので今宵は朝まででも大丈夫な僕。

そして愛知県名古屋市で絞り込んで検索してみたのです。

すると・・。

名古屋にもユーザーが多数

関連画像

やはり名古屋にも寂しい思いをしている美しい女性がたくさんいました。

日本全国、そのような心の隙間を満たそうとする女性が居るものなんですね。

僕がログインしたのは午後3時くらいだったのですが、名古屋市だけでも40人ほどの女性がアプリの中でスタンバイしていたのです。

ちなみに皆さんビジュアルには東京の女性以上に気を使っており、アプリに登録されたアイコンの写真はまさに美人揃いでとっても驚きました。

やはり豪華絢爛で艶やかな名古屋の街の女性ですね。そのアイコンを眺めているだけでもお酒が飲めてしまうくらい僕はうっとりとしてしまったのです

真帆28歳スレンダーなショップ店員との出会い

「スレンダー 女性 フリー素材」の画像検索結果

YYCのアプリにはあふれんばかりの尾張美人たちが僕に微笑んでいました。

できれば全員と会ってみたいとまで思ったのですが僕に残された時間は1日だけです。

一体どの女性に声をかけようかと迷っていたところ、真帆さんという28歳のショップ店員の女性の書き込みに目が止まったのです。

そこには、「県外の方ともお話ししてみたいなー」と、まさに僕を呼んでいるかのようなメッセージ、僕はすぐにメッセージを送信しました。

すると、10分後には真帆さんから返信があって「今から会いませんか?名古屋をご案内しますよ。」とのお誘いだったのです。もちろん喜んで真帆さんのお誘いを受けて僕は待ち合わせ場所の栄のクリタル広場に向かったのです。

スマートに僕を夜の街に誘う真帆

関連画像

クリスタル広場に着くとそこには真帆さんらしき女性がすでに待っていました。

アプリのアイコン以上に美しく、スラーっと背の高いスレンダーなその姿に僕は一瞬動揺してしまいました。

そしておもむろに僕から声をかけました。

「あっ・・あのう・・真帆さんですか?」

「はっ・・はい。はじめまして・・・」

物憂げに挨拶をする真帆さんの姿がまたセクシーでたまりませんでした。

すると真帆さんが、「名古屋久しぶりなんですって?もう味噌カツとか味噌煮込みうどん食べました?」と、東京からのお上りさんの僕を気遣ってくれたのです。僕はまだ味噌カツを食べていないことを伝えると、「よかった。すぐ近くに味噌カツでお酒も飲めるお店があるからよかったらいきませんか?」と、実にスマートに誘ってくれるではないですか。僕は「ぜひおねがいします!」と意気込んで真帆さんについて行ったのです。

ひとしきり味噌カツとお酒を楽しんで身の上話になったところで、真帆さんのほうから「少し静かなバーに移動しません?」との提案がありました。さすが28歳のスレンダーでクールな真帆さんです、段々と僕を名古屋の夜の世へと誘ってくれるのでした。

ホテルのバーは僕の宿泊先だった【急展開】

関連画像

真帆さんと僕はその店を後にして栄の夜の街を歩きはじめました。

「今から行くバーなんですけど、わたし雰囲気が大好きなんです。」

とおもむろにその店がお気に入りであることを告げる真帆さん、僕は真帆さんのチョイスならきっと落ち着いたステキなバーなんだろうなと思いました。

10分弱くらい歩くと、「ここですよ」と真帆さんが足を止めました。するとそこは、何と僕の宿泊しているホテルじゃないですか!僕は内心「よし!」と思ったのと同時に少し心配になったのです。そんな僕の動揺を見透かしたのか真帆さんが、

「大丈夫ですよ、お金取ったりしないですから。親身にお話を聞いてくださるから嬉しかったんです。さあ、お話しの続きしましょうよ。」

とホテルの5階にあるバーへ向かいました。

落ち着いたシックな内装にゆったりと流れるBGMのジャズに真帆さんはその心の内を語りはじめました。なんと今働いているショップの店長と付き合っていたのですが、その店長の男性が先週いきなり姿をくらませてしまったんだそうです。そして、これまで二人三脚で歩んできた真帆さんに残されたのは500万の借金だけとのこと。これまで無我夢中にショップの経営に奔走してきた真帆さん、気がついたら自分の周囲にはその店長のほかには誰もいなかったそうです。そしてふと、どこか遠くの世界にいる見知らぬ男性と知り合いたいと思ってYYCに出会いを求めたそうなんです。

身も心も捧げたつもりだったショップとその店長、しかし嘘のように裏切られてしまった真帆さんの心には大きな風穴が空いてしまっていたのです・・。

すると真帆さんは目の前のジントニックをスーッと飲み干して僕に言いました。

「お部屋、行ってもいいですか・・」

僕は優しく真帆さんを抱き寄せて「いいよ」と囁いたのでした。

目隠し羞恥プレーを求める真帆

関連画像

部屋に入ると真帆さんは、僕にうつ伏せになるように言いました。いきなりかと思って僕は焦りましたが、

「私、指圧がうまいんですよ。疲れてるでしょ?さ、どうぞ(笑)」

とのこと。僕はその健気な優しさに心を奪われて、そのまま真帆さんに身を任せたのでした。

真帆さんはうつ伏せになった僕の上からやさしく指圧をしてくれました。「首すごい凝ってますね・・。お疲れさまでした。」と言いながら、優しく僕の首の凝りをほぐしてくれたのです。そして、背骨、腰、足と全体を指圧してくれました。

すると真帆さんが、

「じゃあ今度は仰向けになって。」

というので僕は言われるがままに仰向けになりました。

すると!なんと真帆さんは一糸まとわぬ姿になっているではありませんか!いつのまにか全裸になっていたのです。

その姿はまさにスレンダーそのもので、しかも胸は結構大きくて推定Eカップ、そして太陽のように丸い乳首はこんがりとしたダークブラウンでした。

そして僕も同じように着ているものすべてを脱ぎ捨てて仰向けになりました。すると真帆さんのほうから「ここ、いい?」と僕の息子を右手で優しく掴んだのです。

僕はもちろんうなずきました。そして、真帆さんはゆっくりと優しく上下に手を動かし始めたのです。次第に真帆さんの頬は僕の息子に近づいてきて、とうとう真帆さんの薄い唇に触れました。

その途端、真帆さんの凄まじいバキュームにスイッチが入りました。

僕は本能的に「あっ!いーーーー!」と声を出してしましました。

ひとしきり真帆さんのすさまじいバキュームに身を任せた後、今度は真帆さんがベッドサイドにあったフェイスタオルを手にとって僕に手渡しました。そして、「目隠しして気持ちよくして欲しいの・・」と、目隠し羞恥プレーを求めてきたのです。

もちろん僕は喜んで真帆さんのリクエストに応じました。

真帆の激しい潮吹きとチェックアウトまでの耐久セックス

「目隠しプレー」の画像検索結果

目隠しをした真帆さんのスレンダーな体を、僕は上からくまなく心を込めて刺激しました。

耳の穴を舌の先で刺激すると真帆さんは「いいっー・・すごいいーーっ・・」と体をビクンビクンと反応してさせながら悶えました。そして、シックなダークブラウンの乳首を口にふくむと「あうーーっ・・うーーーうっ」とさらに激しく身悶えるのです。

そしてワキの下を経て徐々に南下すると、そこにはうっすらと割れ目にそって軽く生えている真帆さんの柔らかい陰毛がありました。僕はその柔らかい真帆さんの陰毛をさらりと指先で撫で、そのまま中心の割れ目に沿ってその奥にある泉の中に指を挿入したのです。すると、真帆さんは「クリもして・・お願い・・」とはずかしそうにさらなる快楽を求めてきたのでした。

そのクリはすでに剥き出しになってダイヤのような硬さになっていました。僕はその光り輝くピンクのダイヤを人差し指の腹で高速摩擦しました。

すると真帆さんは「はあーっ、いっちゃうよーー!!だめー!」と言いながら大量の潮を吹きました。そして目隠しをされながらも手探りで僕の息子を探り当て、自分の秘部に誘導するのです。僕はその誘導にしたがって息子を目標めがけて正対させ、そしてゆっくりと奥まで挿入しました。すると真帆さんは「ハグうっーーーっ!」っと物凄いあえぎ声を発して腰をいっしょに動かし始めました。そして松葉くずしから座位、背面騎上位と体位を変えて互いの体を求め合いました。

そして1回目のフィニッシュは真帆さんが上に乗って自ら抜き差しをする正面騎乗位でした。

「見える?入ってるとこ見える?」

と言いながら僕の息子を抜き差しする真帆さんの健気に喘ぐ姿に僕は大量に溜った精子を一気にぶちまけました。

これが真帆さんとの一回戦でした。

・・ということは、その後も真帆さんとの羞恥プレーは続き、結局7回戦までしてしまい、気づいたら朝の9時も過ぎた頃でした。

その後2人でシャワーを浴びて、真帆さんは最後にはお口で抜いてくれました。

抜いたといっても、もはや僕の中には何も残っておらず、ドピュッという感覚だけが電流のように体にほど走りました。

名古屋での出会いも「YYC」で

真帆さんとはそれ以来会っていませんが、また僕が名古屋に来た時や、真帆さんが東京に来る時には会って激しくセックスを楽しもうと約束しました。

10年ぶりの僕の名古屋出張は、このスレンダーエロスの女神、真帆さんのおかげでとても素晴らしいものになりました。

スレンダーでクールで、しかし白い炎のように情熱も秘めた真帆さんとの激しい耐久セックス、僕は生涯忘れることはないでしょう。

YYC」ではそんな官能的なスレンダー美人があなたのことを待っていますよ。

YYC」も使い方は簡単で、案内どおりにアプリをスマホにインストールするだけです。

地元でも出張先でも、「YYC」にはあなたのことを待っているちょっぴりえっちな女性たちがたくさん居るんです!

一度ぜひお試しください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする